運用フェデレーション

アイデンティティプロバイダー:IdP

IdP数: 244

機関名称 地方区分 カテゴリ 承認日
AFFRIT/MAFFIN 関東 研究所 その他 2014年 4月 7日
CCC-TIES 近畿 その他 2013年 5月 7日
KAGRA その他 研究所 その他 2020年 3月18日
NTT東日本関東病院 関東 その他 2013年 3月21日
NTT東日本関東病院図書館 関東 2018年 8月20日
⼩樽商科⼤学 北海道 大学 2019年12月 6日
お茶の水女子大学 関東 大学 2013年11月20日
アジア経済研究所 関東 研究所 2017年 5月16日
一関工業高等専門学校 東北 高等専門学校 2013年12月10日
三重大学 中部 大学 2010年 8月16日
上越教育大学 中部 大学 2014年 7月 2日
中京大学 中部 2017年10月24日
中央大学 関東 大学 2014年 6月12日
中部大学 中部 大学 2013年 5月 7日
久留米工業大学 九州 2019年 4月19日
久留米工業高等専門学校 九州 高等専門学校 2013年12月25日
九州大学 九州 大学 2011年 2月18日
九州工業大学 九州 大学 2011年 1月25日
九州産業大学 九州 大学 2014年10月29日
京都大学 近畿 大学 2009年11月19日
京都工芸繊維大学 近畿 2017年 5月 2日
京都府立医科大学 近畿 大学 その他 2015年 2月 5日
京都府立大学 近畿 大学 2012年11月27日
京都教育大学 近畿 大学 2012年11月 7日
京都文教大学 近畿 大学 短期大学 2020年 1月15日
京都産業大学 近畿 大学 2011年 2月 3日
仙台高等専門学校 名取キャンパス 東北 高等専門学校 2014年 4月 2日
仙台高等専門学校 広瀬キャンパス 東北 高等専門学校 2014年 1月16日
会津大学 東北 大学 2015年 4月14日
佐世保工業高等専門学校 九州 高等専門学校 2013年11月29日
佐賀大学 九州 大学 2010年 4月16日
信州大学 中部 大学 2011年 5月18日
八戸工業高等専門学校 東北 高等専門学校 2013年12月18日
公立はこだて未来大学 北海道 大学 2015年10月20日
兵庫県立大学 近畿 大学 2019年 5月 7日
函館工業高等専門学校 北海道 高等専門学校 2013年12月 9日
分子科学研究所 中部 研究所 2019年 6月17日
創価大学 関東 大学 2013年 3月29日
北九州工業高等専門学校 九州 高等専門学校 2013年 8月19日
北海道大学 北海道 大学 2010年 3月16日
北海道教育大学 北海道 大学 2017年 7月26日
北見工業大学 北海道 大学 2012年 2月28日
千葉大学 関東 大学 2009年11月 9日
千葉工業大学 関東 大学 2013年 9月18日
同志社大学 近畿 2014年10月30日
名古屋大学 中部 大学 2014年 4月30日
名古屋工業大学 中部 大学 2011年 6月29日
名桜大学 九州 大学 2020年 3月19日
呉工業高等専門学校 中国 高等専門学校 2013年11月29日
和歌山大学 近畿 大学 2019年 7月29日
和歌山工業高等専門学校 近畿 高等専門学校 2013年12月10日
国立情報学研究所 関東 研究所 2009年 1月28日
国立高等専門学校機構 関東 高等専門学校 2012年10月12日
国際基督教大学 関東 大学 2019年 4月 5日
国際教養大学 東北 大学 2016年 2月 4日
埼玉大学 関東 大学 2018年 5月 9日
多摩大学 関東 2013年11月13日
大分大学 九州 大学 2015年 9月17日
大分工業高等専門学校 九州 高等専門学校 2013年10月30日
大島商船高等専門学校 中国 高等専門学校 2013年11月20日
大東文化大学 関東 2019年 2月12日
大谷大学 近畿 2015年 3月 4日
大阪体育大学 近畿 大学 2013年 8月 5日
大阪大学 近畿 大学 2015年 8月19日
大阪工業大学 近畿 大学 2014年 3月27日
大阪市立大学 近畿 2014年10月27日
大阪教育大学 近畿 大学 2012年10月23日
大阪経済大学 近畿 大学 2020年 2月 6日
大阪青山大学 近畿 大学 短期大学 2015年11月 5日
奈良先端科学技術大学院大学 近畿 大学 2012年 4月 4日
奈良女子大学 近畿 大学 2015年 7月13日
奈良工業高等専門学校 近畿 高等専門学校 2014年 6月 3日
奈良教育大学 近畿 大学 2012年 5月14日
宇部工業高等専門学校 中国 高等専門学校 2014年 2月17日
室蘭工業大学 北海道 大学 2014年11月26日
宮城大学 東北 大学 2020年 6月11日
宮城教育大学 東北 大学 2013年 1月23日
宮崎大学 九州 大学 2011年11月15日
富山大学 中部 2019年 3月29日
富山高等専門学校 中部 高等専門学校 2014年 1月 9日
専修大学 関東 大学 2017年 5月22日
小山工業高等専門学校 関東 高等専門学校 2014年 1月 6日
山口大学 中国 2017年 9月20日
山形大学 東北 大学 2009年11月 5日
山梨大学 中部 大学 2011年 9月 6日
山梨学院大学 中部 2020年 8月 6日
山陽小野田市立山口東京理科大学 中国 大学 2017年 7月26日
岐阜大学 中部 大学 2015年 9月 8日
岐阜工業高等専門学校 中部 高等専門学校 2014年 1月21日
岐阜聖徳学園大学 中部 2019年 3月 8日
岡山大学 中国 大学 2010年12月27日
岡山理科大学 中国 大学 2019年12月 2日
岡山県立大学 中国 大学 2015年 7月31日
島根大学 中国 2015年 7月 9日
崇城大学 九州 2019年 3月20日
帝京大学 関東 2014年12月10日
帝塚山大学 近畿 大学 2013年 3月 4日
帯広畜産大学 北海道 大学 2019年 3月 1日
広島修道大学 中国 大学 2013年10月 3日
広島商船高等専門学校 中国 高等専門学校 2013年12月 9日
広島大学 中国 大学 2010年 1月22日
広島工業大学 中国 大学 2012年 3月12日
広島市立大学 中国 大学 2011年 9月29日
弓削商船高等専門学校 四国 高等専門学校 2014年 2月 6日
弘前大学 東北 大学 2015年 3月 5日
徳山工業高等専門学校 中国 高等専門学校 2014年 2月24日
徳島大学 四国 大学 2013年10月 3日
情報・システム研究機構 関東 2020年 8月 6日
情報科学芸術大学院大学 中部 大学 2016年 3月23日
愛媛大学 四国 大学 2012年 3月16日
愛知工業大学 中部 大学 2016年12月 6日
愛知教育大学 中部 2014年 6月17日
慶應義塾大学 関東 大学 2014年 2月24日
成城大学 関東 大学 2010年 5月25日
成蹊大学 関東 大学 2014年12月 2日
政策研究大学院大学 関東 大学 2015年 3月17日
新居浜工業高等専門学校 四国 高等専門学校 2014年 2月 6日
新潟大学 中部 大学 2018年 3月22日
新潟県立看護大学 中部 大学 2017年 7月14日
日本大学 関東 大学 短期大学 2010年 9月10日
早稲田大学 関東 2019年 7月 4日
旭川医科大学 北海道 大学 2010年11月 4日
旭川工業高等専門学校 北海道 高等専門学校 2013年12月26日
明星大学 関東 大学 2020年 4月28日
明治大学 関東 大学 2011年 3月25日
明治薬科大学 関東 2018年 9月 5日
明石工業高等専門学校 近畿 2014年 1月30日
昭和大学 関東 大学 2013年 3月14日
有明工業高等専門学校 九州 高等専門学校 2014年 1月21日
朝日大学 中部 大学 2020年 3月19日
木更津工業高等専門学校 関東 高等専門学校 2014年 4月25日
札幌医科大学 北海道 大学 2012年 9月28日
札幌学院大学 北海道 大学 2014年 7月23日
札幌市立大学 北海道 大学 2019年11月 1日
東京医科歯科大学 関東 大学 2012年 9月28日
東京外国語大学 関東 2014年 2月28日
東京大学 関東 大学 2014年 8月11日
東京学芸大学 関東 大学 2013年 6月20日
東京家政大学 関東 大学 2015年 3月 4日
東京工業大学 関東 大学 2015年 8月21日
東京工業高等専門学校 関東 高等専門学校 2013年12月 3日
東京有明医療大学 関東 大学 2015年 2月27日
東京歯科大学 関東 大学 2013年 3月12日
東京海洋大学 関東 大学 2013年 3月27日
東京薬科大学 関東 大学 2015年11月24日
東京藝術大学 関東 大学 2017年 9月 1日
東京農工大学 関東 大学 2016年 1月21日
東京通信大学 関東 大学 2018年 3月16日
東京都医学総合研究所 関東 研究所 2013年 4月 5日
東京都立大学 関東 大学 2015年 8月 3日
東京電機大学 関東 大学 2014年10月 9日
東北大学 東北 大学 2014年 3月 7日
東北学院大学 東北 大学 2018年 9月12日
東北工業大学 東北 大学 2015年 2月 5日
東邦大学 関東 大学 2010年 6月30日
松山大学 四国 大学 2016年 9月20日
松江工業高等専門学校 中国 高等専門学校 2014年 3月24日
核融合科学研究所 中部 研究所 2017年 8月16日
桃山学院大学 近畿 大学 2017年10月26日
桐生大学 関東 2019年 2月18日
桜美林大学 関東 大学 2019年11月26日
椙山女学園大学 中部 大学 2014年 1月23日
横浜商科大学 関東 大学 2016年 6月 1日
横浜国立大学 関東 大学 2011年11月29日
武蔵学園 関東 大学 2013年 8月21日
沖縄国際大学 九州 大学 2019年 3月 1日
沖縄工業高等専門学校 九州 高等専門学校 2014年 6月16日
沖縄科学技術大学院大学 九州 大学 2014年12月 4日
沼津工業高等専門学校 中部 高等専門学校 2013年11月28日
津山工業高等専門学校 中国 高等専門学校 2013年12月18日
流通経済大学 関東 大学 2017年 1月12日
滋賀医科大学 近畿 大学 2014年 8月29日
滋賀大学 近畿 大学 2019年12月17日
熊本大学 九州 大学 2013年10月30日
熊本高等専門学校 九州 高等専門学校 2014年 2月 6日
物質・材料研究機構 関東 研究所 2015年11月19日
獨協医科大学 関東 2014年 2月27日
理化学研究所 関東 研究所 2019年10月31日
琉球大学 九州 大学 2013年 5月14日
甲南大学 近畿 大学 2020年 8月 5日
県立広島大学 中国 大学 2016年 3月23日
石川工業高等専門学校 中部 高等専門学校 2013年12月10日
神奈川大学 関東 大学 2017年 4月10日
神戸大学 近畿 大学 2011年 4月13日
神戸市外国語大学 近畿 大学 2014年 8月19日
神戸市看護大学 近畿 大学 2018年12月 4日
神戸常盤大学 近畿 大学 2014年10月15日
福井大学 中部 大学 2015年 2月16日
福井工業高等専門学校 中部 高等専門学校 2012年12月 5日
福岡工業大学 九州 大学 2013年 8月21日
福岡教育大学 九州 2018年 3月22日
福島工業高等専門学校 東北 2014年 3月14日
福島県立医科大学 東北 大学 2016年10月24日
秋田大学 東北 大学 2015年 2月27日
秋田工業高等専門学校 東北 高等専門学校 2014年 1月21日
立命館大学 近畿 大学 2012年 8月 7日
立教大学 関東 大学 2011年 2月 7日
筑波大学 関東 大学 2010年 4月 8日
米子工業高等専門学校 中国 高等専門学校 2013年12月10日
群馬大学 関東 大学 2013年12月26日
群馬工業高等専門学校 関東 高等専門学校 2014年 2月27日
自治医科大学 関東 大学 2020年 1月21日
舞鶴工業高等専門学校 近畿 高等専門学校 2013年10月30日
芝浦工業大学 関東 大学 2013年 5月24日
苫小牧工業高等専門学校 北海道 高等専門学校 2013年 7月25日
茨城大学 関東 大学 2015年11月17日
茨城工業高等専門学校 関東 高等専門学校 2014年 3月24日
藤田医科大学 中部 大学 2018年 7月10日
西南学院大学 九州 大学 2015年 8月21日
豊橋技術科学大学 中部 大学 2012年12月 5日
豊田工業高等専門学校 中部 高等専門学校 2014年 3月19日
近畿大学 近畿 大学 2017年 5月 2日
都城工業高等専門学校 九州 2014年 1月 6日
都留文科大学 中部 大学 2019年 8月30日
酪農学園大学 北海道 大学 2019年11月29日
量子科学技術研究開発機構 関東 研究所 2016年 8月 5日
金沢大学 中部 大学 2018年12月17日
釧路工業高等専門学校 北海道 高等専門学校 2012年 1月18日
鈴鹿工業高等専門学校 中部 高等専門学校 2012年 3月29日
長岡工業高等専門学校 中部 高等専門学校 2013年 9月 5日
長岡技術科学大学 中部 大学 2017年 2月15日
長崎大学 九州 大学 2015年 3月27日
長崎県立大学 九州 大学 2018年10月22日
長野工業高等専門学校 中部 高等専門学校 2013年11月29日
関西大学 近畿 大学 2012年10月12日
阿南工業高等専門学校 四国 高等専門学校 2014年 3月14日
電気通信大学 関東 大学 2014年 3月24日
青山学院大学 関東 大学 2017年 9月20日
静岡大学 中部 大学 2013年 1月 8日
香川大学 四国 2018年 2月 5日
香川高等専門学校 四国 高等専門学校 2013年10月30日
駒澤大学 関東 大学 2016年 6月24日
高知大学 四国 大学 2017年12月28日
高知工業高等専門学校 四国 高等専門学校 2013年10月30日
高知工科大学 四国 大学 2015年 3月16日
鳥取大学 中国 大学 2015年 3月20日
鳥羽商船高等専門学校 中部 高等専門学校 2014年 1月21日
鳴門教育大学 四国 2015年 5月12日
鶴岡工業高等専門学校 東北 高等専門学校 2014年 3月10日
鶴見大学 関東 大学 短期大学 2015年 9月 4日
鹿児島大学 九州 大学 2017年 2月13日
鹿児島工業高等専門学校 九州 高等専門学校 2013年12月 3日
鹿屋体育大学 九州 大学 2018年 2月 9日
龍谷大学 近畿 大学 短期大学 2015年 3月16日

サービスプロバイダー:SP

リストされているSP数: 111

機関名称 サービス名 マニュアル
▼全て表示
属性情報 承認日 備考
Serials Solutions 360 Search, 360 Link, Electronic Journal Portal IdP管理者向け 図書館向け Service information

eduPersonTargetedID (必須)

2011年 3月30日

Serials Solutionsの利用プロトコル: SAML1
Serials SolutionsのSAML実装: OpenAthens SP
Serials Solutionsへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for Serials Solutions -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforSerialsSolutions">
<PolicyRequirementRule xsi:type="OR">
<Rule xsi:type="Requester" value="https://auth.cs.serialssolutions.com/auth/Metadata/Shib" />
<Rule xsi:type="Requester" value="https://auth.search.serialssolutions.com/auth/Metadata/Shib" />
</PolicyRequirementRule>

<AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>


接続のお申し込み方法

SerialsSolutions の Client Center(アドミンサイト)にて操作します。
詳細はこちら

お問い合わせ先

新規契約等については、下記までご連絡ください。
株式会社サンメディア
e-port@sunmedia.co.jp
TEL: 03-3299-1575
株式会社 エル・インターフェース Academic Express3 その他

eduPersonPrincipalName (必須)

2018年 8月17日

スーパー英語(Academic Express3、College Pathwayを含む)への学認による接続をご希望される機関は、以下の連絡先にお問い合わせください。

株式会社エル・インターフェース
スーパー英語事務局
e-mail: academic@supereigo.com

スーパー英語ホームページ
American Chemical Society ACS Publications IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

eduPersonTargetedID (選択)

2020年 8月19日

ACS Publicationsの利用プロトコル: SAML2
ACS PublicationsのSAML実装: 非Shibboleth
ACS Publicationsへの属性送信の設定例: 属性を必要とせず、IdPのentityIDをみて機関の確認をしています。attribute-filter.xmlの設定は不要です。

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

ACS Publicationsへの学認による接続をご希望される機関は、以下の連絡先にお問い合わせください。

窓口: 株式会社SmartEd
メールアドレス: mailto:acs@smarted.jp
Publishing Technology AIP Scitation IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け サービス内容(図書館員向け)

eduPersonTargetedID
eduPersonPrincipalName
(上記どちらか必須)

2014年 9月 9日

AIP Scitationの利用プロトコル: SAML1
AIP ScitationのSAML実装: Shibboleth
AIP Scitationへの属性送信の設定例:
    <!--  Policy for AIP Scitation -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforAIPScitation">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://scitation.aip.org/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>


接続のお申し込み方法

契約や定期購読の申し込み方法は以下のURLをご覧ください。(英語)
http://publishing.aip.org/librarians/licensing

お問い合わせ先

それ以外のお問い合わせ先は以下のURLをご覧ください。(英語)
http://scitation.aip.org/contact

サービス内容(図書館員向け)

http://scitation.aip.org/for-librarians
Annual Reviews Annual Reviews IdP管理者向け 図書館向け

不要
(IdPのentityIDをチェック)

2012年 6月15日

Annual Reviewsの利用プロトコル: SAML1
Annual ReviewsのSAML実装: 非Shibboleth
Annual Reviewsへの属性送信の設定例: 属性を必要とせず、IdPのentityIDをみて機関の確認をしています。attribute-filter.xmlの設定は不要です。

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

現在Annual Reviewsと契約している機関でShibboleth接続に移行したい場合は、以下のメールアドレスに連絡してください。

メールアドレス: support@annualreviews.org

その際、機関名、住所、entityIDをお伝えください。

24時間以内にオンラインサービスチームがご返信します。


新たに契約を希望する、あるいは興味があり、サービスやジャーナルについての情報がほしい場合は、

Andrea Lopez(Consortia Sales Director)までご連絡ください。

メールアドレス: alopez@annualreviews.org
金沢大学 ARCADE(学術組織間デジタル資料分散共有システム) IdP管理者向け 利用者向け

eduPersonPrincipalName (必須)

2012年 3月12日

ARCADEの利用プロトコル: SAML2
ARCADEのSAML実装: Shibboleth
ARCADEへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for ARCADE -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforARCADE" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:OR">
<basic:Rule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://arcade.cis.kanazawa-u.ac.jp/shibboleth-sp" />
<basic:Rule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://arcade-storage01.cis.kanazawa-u.ac.jp/shibboleth-sp" />
<basic:Rule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://arcade-storage01.nii.ac.jp/shibboleth-sp" />
</afp:PolicyRequirementRule>

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonPrincipalName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>

asknet AG asknet AG IdP管理者向け 利用者向け

eduPersonScopedAffiliation (必須)
eduPersonAffiliation (選択)

2016年 6月28日

asknet Verifyの利用プロトコル: SAML2
asknet VerifyのSAML実装: Shibboleth
asknet Verifyへの属性送信の設定例:
<!-- Policy for asknet Verify -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforasknetVerify" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://sp-vaas.asknet.de/shibboleth" />

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonAffiliation">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>

<< asknet Verify・学割提供をお手伝いします >>
学割を提供して、学生生活を応援していきます。
asknet Verify は、リスクなく学生、教育機関へ割引を提供するための認証サービスです。
シングルサインオンでの自動認証と、学生証等をアップロードしての手動認証手続の両方を提供しています。

http://www.asknet.com/jp/digital-goods/ecommerce-value-chain/asknet-verify.html
Masaryk University Atlases - Pathology Images IdP管理者向け

eduPersonTargetedID (必須)
mail (選択、ユーザ登録時fill機能用)

2009年10月10日

Atlasesの利用プロトコル: SAML2
AtlasesのSAML実装: Shibboleth
Atlasesへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for Atlases -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforAtlases">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://atlases.muni.cz/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

接続方法

運用フェデレーションに参加後,すなわち,https://metadata.gakunin.nii.ac.jp/gakunin-metadata.xml に機関のメタデータが含まれてから2時間後には自動的にAtlasesがご利用できるようになります. eduPersonTargetedID が適切に送信されれば,特別な申請等は一切必要ありません.
Atypon Systems Atypon Service Provider IdP管理者向け

サービスごとに必要な送信属性が異なる可能性がありますので、各サービスの提供元パブリッシャーもしくは代理店にお問い合わせください。

2015年 9月15日

Atypon SPの利用プロトコル: SAML2
Atypon SPのSAML実装: 非Shibboleth
Atypon SPへの属性送信の設定例:

Atypon SPは多数のパブリッシャーをホストしているプラットフォームであり、サービスごとに必要な送信属性が異なる可能性がありますので、各サービスの提供元パブリッシャーもしくは代理店にお問い合わせください。

設定例の判明しているものについては本マニュアルの「接続先情報」に掲載しておりますので、ご参照ください。また、もし設定例を把握しているサービスがありましたら、学認まで情報をご提供いただけましたら幸いです。

接続先情報

Wiley Online Library
    <!-- Policy for Atypon (Wiley) -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforAtyponWiley">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://iam.atypon.com/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>
※ 本設定例は暫定版です。2018年9月現在、Atyponに最新の情報を確認中です。
一般社団法人大学ICT推進協議会 AXIES Website IdP管理者向け

eduPersonPrincipalName (必須)
mail (必須)

▼全て表示
2020年 7月 9日

AXIES Websiteの利用プロトコル: SAML2
AXIES WebsiteのSAML実装: Shibboleth
AXIES Websiteへの属性送信の設定例:

Shibboleth IdP v3.2系以前向け設定
    <!-- Policy for AXIES Website -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforAxiesWebsite" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://axies.jp/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonPrincipalName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
<afp:AttributeRule attributeID="mail">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
<afp:AttributeRule attributeID="givenName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
<afp:AttributeRule attributeID="surname">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
<afp:AttributeRule attributeID="displayName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>


Shibboleth IdP v3.3以降向け設定
    <!-- Policy for AXIES Website -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforGakuNinRegistrationSystem">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://axies.jp/shibboleth-sp" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonPrincipalName">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
<AttributeRule attributeID="mail">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
<AttributeRule attributeID="givenName">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
<AttributeRule attributeID="surname">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
<AttributeRule attributeID="displayName">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

株式会社インフォシティ bREADER cloud IdP管理者向け

eduPersonTargetedID (必須)
organizationName (選択)
organizationalUnitName (選択)

2018年 3月28日

設定例

<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforBReader" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://shibboleth.breader.cloud/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="organizationName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>

<afp:AttributeRule attributeID="organizationalUnitName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>
株式会社ネットマン C-Learning SP

eduPersonPrincipalName (選択)

2018年 9月28日
CUP Cambridge Core (Journal and eBook) IdP管理者向け 図書館向け その他

eduPersonScopedAffiliation (必須)

2009年10月 8日

Cambridge Core (Journal and eBook)の利用プロトコル: SAML1 or SAML2
Cambridge Core (Journal and eBook)のSAML実装: Shibboleth
Cambridge Core (Journal and eBook)への属性送信の設定例:
    <!-- Policy for CUP -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforCUP">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://shibboleth.cambridge.org/shibboleth-sp" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

管理者画面で設定していただけます。
ご不明点に関しましては、下記まで英語にてお問合せ下さい。
mailto:academictechsupport@cambridge.org

マニュアル

下記リンクより、英語の設定方法ビデオガイドをご覧いただけます。
https://vimeo.com/178305091/ac7ed284ae

利用者向けログイン手順
注: このマニュアルは古く、ログインボタンの場所が異なります。CUPページ右上の"Log in"から"Institutional Log-in"をクリックしてください。以降の操作は同じです。
新日鉄住金ソリューションズ株式会社 CampusSquare その他

eduPersonPrincipalName (必須)

2015年 8月25日

接続をご希望される機関は以下の窓口にお問い合わせください。
新日鉄住金ソリューションズ株式会社
大分支社 ソリューション営業企画
e-mail: campus@jp.nssol.nssmc.com
Cengage Learning Cengage Learning IdP管理者向け 図書館向け

不要
(IdPのentityIDをチェック)

2012年 5月 7日

Cengage Learningの利用プロトコル: SAML1, SAML2
Cengage LearningのSAML実装: Shibboleth
Cengage Learningへの属性送信の設定例: 属性を必要とせず、IdPのentityIDをみて機関の確認をしています。attribute-filter.xmlの設定は不要です。

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

Cengage Learning への学認による接続をご希望される機関は,以下の連絡先にお問い合わせください。

窓口:センゲージ・ラーニング (担当:溝口)
メイルアドレス:asia.infojapan@cengage.com
国立情報学研究所 CiNii IdP管理者向け 図書館向け

jaOrganizationName (必須:国内)
organizationName (必須:海外)

▼全て表示
2009年 8月10日

CiNiiの利用プロトコル: SAML2
CiNiiのSAML実装: Shibboleth
CiNiiへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for CiNii -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforCiNii" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://register-ci.nii.ac.jp/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="jaOrganizationName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>
※ attributeIDに設定すべき値は異なる可能性がありますので、attribute-resolver.xmlで定義されているidを確認し、大文字小文字の差異も含めて反映させてください。
筑波大学 Disability Service e-learning

eduPersonPrincipalName (必須)
mail (必須)

▼全て表示
2020年 2月20日
ProQuest ebrary IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

eduPersonPrincipalName
eduPersonTargetedID

▼全て表示
2011年 6月 1日

ebrary, ProQuest Ebook Centralの利用プロトコル/SAML実装: Shibboleth1.3,Shibboleth2.x
ebrary, ProQuest Ebook CentralのentityID: https://sp.ebrary.com/shibboleth
設定方法:下記のリンクをご参照ください。
http://www.ukfederation.org.uk/content/Services/2009-07-14-ebrary

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

ebraryおよびProQuest Ebook Centralへの学認による接続をご希望される機関は、プロクエスト日本支社の担当までご連絡下さい。

窓口:プロクエスト日本支社(担当:小林 隼)
メールアドレス:sales@japan.proquest.com
電話番号:045-342-4780
EBSCO EBSCO host IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonEntitlement
eduPersonScopedAffiliation
(どちらか必須)

2011年 1月 7日

EBSCO hostの利用プロトコル: SAML2
EBSCO hostのSAML実装: Shibboleth
EBSCO hostへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for EBSCO host -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforEbscohost">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="http://shibboleth.ebscohost.com" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

EBSCOがサポートしているのは、eduPersonEntitlement または、 eduPersonScopedAffiliation です。
  • eduPersonEntitlementとしては,「urn:mace:dir:entitlement:common-lib-terms」を送信
  • eduPersonScopedAffiliationにおけるAffiliationとしては,「member」を送信


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

EBSCO hostへの学認による接続をご希望される機関はEBSCO日本事務所の担当営業までご連絡下さい。または下記までご連絡下さい。
窓口:EBSCO 日本事務所
メイルアドレス:ebscohost@ebsco.co.jp
電話番号:03-5342-0701
国立情報学研究所 eduroam JP 申請システム IdP管理者向け

eduPersonPrincipalName (必須)

2017年 7月 7日

利用プロトコル: SAML2
SAML実装: Shibboleth
属性送信の設定例:
<!-- Policy for Eduroam Office -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforEduroamOffice">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://office.eduroam.jp/shibboleth-sp" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonPrincipalName">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

国立情報学研究所 eduroamJP 認証連携IDサービス IdP管理者向け 利用者向け

eduPersonTargetedID (必須)
organizationName (必須)

▼全て表示
2017年 4月25日
愛媛大学 Ehime University Moodle3.5

eduPersonPrincipalName (必須)
surname (必須)

▼全て表示
2019年 9月 3日
Edward Elgar Publishing Elgaronline IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonScopedAffiliation (必須)

2017年 2月16日

Elgaronlineの利用プロトコル: SAML2
ElgaronlineのSAML実装: OpenAthens Keystone
Elgaronlineへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for Elgaronline -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforElgaronline">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://www.elgaronline.com/oa/metadata" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

問い合わせは sales@e-elgar.co.uk にメールを頂くか、日本の代理店にご連絡ください。

図書館向け資料


Emerald Publishing Emerald Insight IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonPrincipalName (選択)
eduPersonTargetedID (選択)
eduPersonScopedAffiliation (選択)

2019年 7月30日

Emerald Insightの利用プロトコル: SAML2
Emerald InsightのSAML実装: 非Shibboleth
Emerald Insightへの属性送信の設定例: 属性を必要とせず、IdPのentityIDをみて機関の確認をしています。attribute-filter.xmlの設定は不要です。

※ 2019年7月30日からEmerald InsightのentityIDが下記の通り変更されました。
新entityID: https://sp.emerald.com/sp
旧entityID: https://www.emeraldinsight.com/shibboleth

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

Emerald Insightへの学認による接続をご希望される機関は,以下の連絡先にお問い合わせください。

窓口:エメラルド・ジャパン (担当:豊増)
メイルアドレス:mailto:epjapan@emeraldgroup.com
国立情報学研究所 FaMCUs (テレビ会議多地点接続サービス) IdP管理者向け

eduPersonTargetedID (必須)
eduPersonAffiliation (必須)

▼全て表示
2009年10月19日

FaMCUsの利用プロトコル: SAML2
FaMCUsのSAML実装: Shibboleth
FaMCUsへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for FaMCUs -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforFaMCUs" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://mcus.nii.ac.jp/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonAffiliation">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>

金沢大学 File Transfer Service (ファイル送信サービス) 利用者向け

eduPersonPrincipalName (必須)
eduPersonScopedAffiliation (必須)
(faculty,staffを許可)

2010年 2月10日
Future Science Group Future Medicine IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

eduPersonEntitlement (選択)

2014年 2月24日

Future Medicineの利用プロトコル: SAML2
Future MedicineのSAML実装: Shibboleth
Future Medicineへの属性送信の設定例:

IdPのentityIDをみて機関の確認をしているため、基本的にattribute-filter.xmlの設定は不要です。

選択属性であるeduPersonEnttilementを送出する場合には以下の通り設定します。

    <!--  Policy for Future Medicine -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforFutureMedicine">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://www.futuremedicine.com/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonEntitlement">
<PermitValueRule xsi:type="Value" value="urn:mace:dir:entitlement:common-lib-terms" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

Future Medicineへの学認による接続をご希望される機関は,以下の連絡先にお問い合わせください。

ユサコ株式会社
仕入グループ 村上加成子
TEL : 03-3505-3256 FAX : 03-3505-6282
E-MAIL : import _AT_ usaco.co.jp

ログイン方法

1. Future Medicine http://www.futuremedicine.com/ にアクセスしてください。
2. ページ右上にある"home institution"をクリックしてください。
3. "Academic Access Management Federation in Japan (GakuNin)" のタブを選択してください。
4. 利用可能なIdPのリンクが表示されますので、所属機関のIdPのリンクをクリックし、ユーザ名とパスワードを入力してください。
Future Science Group Future Science IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

eduPersonEntitlement (選択)

2014年 2月24日

Future Scienceの利用プロトコル: SAML2
Future ScienceのSAML実装: Shibboleth
Future Scienceへの属性送信の設定例:

IdPのentityIDをみて機関の確認をしているため、基本的にattribute-filter.xmlの設定は不要です。

選択属性であるeduPersonEntitlementを送出する場合には以下の通り設定します。

    <!--  Policy for Future Science -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforFutureScience">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://www.future-science.com/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonEntitlement">
<PermitValueRule xsi:type="Value" value="urn:mace:dir:entitlement:common-lib-terms" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

Future Scienceへの学認による接続をご希望される機関は,以下の連絡先にお問い合わせください。

ユサコ株式会社
仕入グループ 村上加成子
TEL : 03-3505-3256 FAX : 03-3505-6282
E-MAIL : import _AT_ usaco.co.jp

ログイン方法

1. Future Science http://www.future-science.com/ にアクセスしてください。
2. ページ右上にある"home institution"をクリックしてください。
3. "Academic Access Management Federation in Japan (GakuNin)" のタブを選択してください。
4. 利用可能なIdPのリンクが表示されますので、所属機関のIdPのリンクをクリックし、ユーザ名とパスワードを入力してください。
William S. Hein & Co., Inc. HeinOnline IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonScopedAffiliation (必須)

2015年 9月15日

HeinOnlineの利用プロトコル: SAML2
HeinOnlineのSAML実装: OpenAthens Keystone
HeinOnlineへの属性送信の設定例:
    <!--  Policy for HeinOnline -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforHeinOnline">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://heinonline.org/entity" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

HeinOnlineへの学認による接続をご希望される機関は,以下の連絡先にお問い合わせください。

窓口 : 丸善雄松堂株式会社 学術情報ソリューション事業部
メールアドレス : e-support@maruzen.co.jp
電話番号 : 03-6367-6114
Henry Stewart Talks Ltd. Henry Stewart Talks IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

2014年11月17日

Henry Stewart Talksの利用プロトコル: SAML2
Henry Stewart TalksのSAML実装: Shibboleth
Henry Stewart Talksへの属性送信の設定例: 属性を必要とせず、IdPのentityIDをみて機関の確認をしています。attribute-filter.xmlの設定は不要です。

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

ご利用を希望される場合、お問い合わせ等は、個別に対応いたしますので、以下までお問い合わせください。

ユサコ株式会社
仕入グループ 村上加成子
TEL : 03-3505-3256 FAX : 03-3505-6282
E-MAIL : import _AT_ usaco.co.jp

図書館向け資料


HighWire Press HighWire IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonScopedAffiliation (必須)
eduPersonTargetedID (選択)
eduPersonAffiliation (選択)

2012年 3月 1日

HighWireの利用プロトコル: SAML2
HighWireのSAML実装: Shibboleth
HighWireへの属性送信の設定例:

HighWireは多数のパブリッシャーをホストしているプラットフォームであるため、固有のHighWireのentityIDというものは存在しません。
まず、設定が必要なentityIDを契約しているパブリッシャーにお問い合わせの上取得していただくか、Browse by publisherを参考に設定が必要なentityIDを調べてください。
設定すべきentityIDが分からない場合は、以下のentityIDを設定してみてください。
https://shibboleth.highwire.org/entity/secure-sp

1つのSPに接続する場合

entityIDがhttps://shibboleth.highwire.org/shibboleth-spのSPに接続するための設定例です。
別のSPに接続する場合は適宜<PolicyRequirementRule>のvalueを変更してください。
    <!-- Policy for HighWire -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforHighWire">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://shibboleth.highwire.org/shibboleth-sp" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

複数のSPに接続する場合

次のSPに接続する場合の設定例です。
  • entityID: https://shibboleth.highwire.org/shibboleth-sp
  • entityID: https://journals.bmj.com/shibboleth
    <!-- Policy for HighWire -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforHighWire">
<PolicyRequirementRule xsi:type="OR">
<Rule xsi:type="Requester" value="https://shibboleth.highwire.org/shibboleth-sp" />
<Rule xsi:type="Requester" value="https://journals.bmj.com/shibboleth" />
</PolicyRequirementRule>

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

3つ以上のSPに接続する場合は
<Rule xsi:type="Requester" value="<entityID>" />
を必要なSP分設定してください。「<entityID>」には接続SPのentityIDを設定します。

お申し込み・お問い合わせ先

学認による日本国内からのHighWireの利用については、ほとんど実績がない状態で、現在一部の大学より試行的に接続が行われている状況です。
また申込等については、提供されている電子ジャーナルごとに異なり、それぞれへ対応が必要になるようです。
HighWireから利用できる電子ジャーナルについては次のページをご参照ください。
http://highwire.stanford.edu/librarians/

その他不明な点などございましたら下記までお問い合わせください。

国立情報学研究所 学認事務局
TEL : 03-4212-2218 FAX : 03-4212-2230
お問い合わせはこちら
広島大学 HINETの無線LANゲスト利用サービス(HINET wlan guest service) IdP管理者向け 利用者向け

eduPersonPrincipalName (必須)

2010年11月22日

HINETの無線LANゲスト利用サービスの利用プロトコル: SAML2
HINETの無線LANゲスト利用サービスのSAML実装: Shibboleth
HINETの無線LANゲスト利用サービスへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for HINET wlan guest service -->

<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforHINETwlanguestservice" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://hinet-sp.hiroshima-u.ac.jp/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonPrincipalName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>

IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers) IEEE Xplore IdP管理者向け 図書館向け

基本的に不要であるが、IEEEシステムの対応が完了するまでは
organizationName (必須)

2011年 5月20日

IEEE Xploreの利用プロトコル: SAML2
IEEE XploreのSAML実装: Shibboleth
IEEE Xploreへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for IEEE Xplore -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforIEEEXplore">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://ieeexplore.ieee.org/shibboleth-sp" />

<AttributeRule attributeID="organizationName">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

IEEEへの学認による接続をご希望される機関は,以下のIEEEウェブサイトから必要事項を英語でご記入の上、お申し込みください。
http://www.ieee.org/go/singlesignon

その他、不明な点は以下の窓口にお問い合わせください。

窓口:丸善雄松堂株式会社 学術情報ソリューション事業部
メイルアドレス:e-support@maruzen.co.jp
電話番号:03-6367-6114
Clarivate Analytics InCites Journal Citation Reports
InCites Essential Science Indicators
IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonScopedAffiliation (必須)

2015年 6月 2日

InCites Journal Citation Reports, InCites Essential Science Indicatorsの利用プロトコル: SAML2
InCites Journal Citation Reports, InCites Essential Science IndicatorsのSAML実装: 非Shibboleth
InCites Journal Citation Reports, InCites Essential Science Indicatorsへの属性送信の設定例:

    <!-- Policy for InCites -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforInCites">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://sp.tshhosting.com/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

※ Web of Science, EndNote Web と同一のentityIDとなります。InCitesについてもmail属性の送出が不要になりました。

※ InCites JCR/ESIは、WAYFless URLでのご利用です。
  • InCites JCR
    例) http://login.incites.thomsonreuters.com/?auth=ShibbolethIdPForm2_IC2JCR&entityID=XXX&ShibFederation=japaneseFederation
    (XXXのところに,貴学IdPのentityIDを入力)
  • InCites ESI
    例) http://login.incites.thomsonreuters.com/?auth=ShibbolethIdPForm2_IC2ESI&entityID=XXX&ShibFederation=japaneseFederation
    (XXXのところに,貴学IdPのentityIDを入力)


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

InCites Journal Citation Reports, InCites Essential Science Indicatorsをご利用のお客様で Shibboleth 認証による接続をご希望の場合は下記の手順でお申し込みください。

1. 申請フォーム (http://ips.clarivate.com//info/incites-shibboleth/ )に必要事項を記入して submit してください。申請フォームの IdP Name と IdP URL には、それぞれ以下の記述が必要です。

IdP Name :メタデータの Organization Name
IdP URL:メタデータの Organization URL

その他の記入方法の詳しい説明は 「InCites: シボレス設定依頼フォームの記入例」 をご参照ください。

2. 現在、InCites Journal Citation Reports, InCites Essential Science IndicatorsにShibboleth経由でログインされる際は、専用のログインページが必要になります。
Shibboleth 設定完了をお知らせするメールに記載のURLを、ログインページとしてご利用いただけますようお願いいたします。

恐れ入りますが、上記フォームによる申請後にメールにて下記にご連絡いただき、担当者に個別にご確認ください。

ご連絡先 : クラリベイト・アナリティクス
メールアドレス : mailto:japan.ssrag@Clarivate.com (2017年8月22日現在)

IOP IOPscience IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonScopedAffiliation (必須)

2011年10月14日

IOPscienceの利用プロトコル: SAML2
IOPscienceのSAML実装: Shibboleth
IOPscienceへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for IOP -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforIOP">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://ticket.iop.org/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

接続方法

ご契約のある機関が学認に参加した時点で自動的にご利用いただけるように設定を行なっています. eduPersonScopedAffiliation が適切に送信されれば,特別な申請等は必要ありません.
もし学認へ参加いただいたあともIdPの一覧に所属機関が表示されない場合や,ご不明の点がある場合は,図書館向け情報に記載の問い合わせ先へご連絡ください.

接続に関するお問い合わせ先


接続に関するご質問などは,以下の連絡先へお問い合わせください.

窓口:   IOP英国物理学会出版局東京事務所 小山内
E-mail: masaaki.osanai@iop.org
Phone : 03-3245-6826

国立情報学研究所 JAIRO Cloudへのログインプロキシーサービス IdP管理者向け 図書館向け users

eduPersonTargetedID (必須)

2012年 1月11日

JAIRO Cloudへのログインプロキシーサービスの利用プロトコル: SAML2
JAIRO CloudへのログインプロキシーサービスのSAML実装: Shibboleth
JAIRO Cloudへのログインプロキシーサービスへの属性送信の設定例:

    <!-- Policy for JAIRO Cloud to GakuNin Proxy Service -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforJAIROCloudtoGakuNinProxyService" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://idp.repo.nii.ac.jp/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>


機関における認証システム(IdP)の設定変更


「IdP管理者向け」の情報として公開している内容に沿ってIdPの属性送出設定を変更していただくよう、所属機関のIdP管理者に依頼してください。

サービス利用連絡


以下の内容を jc-office_at_nii.ac.jp に送付してください(_at_を@に変換して下さい)。
サービス利用の設定を行い、ご連絡いたします。

  • IdPのentityID


  • JAIRO Cloud コミュニティサイト (https://community.repo.nii.ac.jp/) の上部「ログイン」のリンクから、ログイン画面を開きます。
  • 「所属機関のID・パスワードをご利用の方は」に表示されているリストから所属機関を選択してください。
  • 所属機関のIdPで認証を行ってください。

Journal of Orthopaedic & Sports Physical Therapy, Inc. (JOSPT) JOSPT IdP管理者向け 図書館向け

2015年 9月15日

JOSPTの利用プロトコル: SAML2
JOSPTのSAML実装: 非Shibboleth
JOSPTへの属性送信の設定例: 属性を必要とせず、IdPのentityIDをみて機関の確認をしています。attribute-filter.xmlの設定は不要です。

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

各機関でご利用の代理店にご相談ください。
JoVE JoVE IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

不要
(IdPのentityIDをチェック)

2020年 8月19日

JoVEの利用プロトコル: SAML2
JoVEのSAML実装: Shibboleth
JoVEへの属性送信の設定例: 属性を必要とせず、IdPのentityIDをみて機関の確認をしています。attribute-filter.xmlの設定は不要です。

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先


JoVEサポート
メールアドレス: mailto:support@jove.com

設定完了後、下記からご利用いただけます。

https://www.jove.com/discovery?return_page=https://www.jove.com/
筑波大学 Learning Support Book

organizationName (必須)
jaOrganizationName (必須)

▼全て表示
2020年 2月20日
日本ユニシス株式会社 LibrariE

eduPersonPrincipalName (選択)
eduPersonTargetedID (選択)
eduPersonAffiliation (選択)

2019年 3月26日
丸善雄松堂株式会社 Maruzen eBook Library IdP管理者向け 図書館向け

organizationName (必須)

2014年11月17日

Maruzen eBook Libraryの利用プロトコル: SAML2
Maruzen eBook LibraryのSAML実装: Shibboleth
Maruzen eBook Libraryへの属性送信の設定例:
<!-- Policy for Maruzen eBook Library -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforMaruzen-eBook-Library" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://elib.maruzen.co.jp/shibboleth-sp" />
<afp:AttributeRule attributeID="organizationName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先


Maruzen eBook Libraryへの学認による接続をご希望される機関は,下記までお問い合わせください。

丸善株式会社 学術情報ソリューション事業部 MeL担当
ebook-i@maruzen.co.jp

※お問い合わせの際にIdPのentityIDおよびorganizationNameを併せてお知らせください。
北海道大学 MDS Platform

eduPersonPrincipalName (必須)

2020年11月13日
国立情報学研究所 meatmail(GakuNin mAP対応メーリングリストサービス) IdP管理者向け 利用者向け

eduPersonPrincipalName (必須)

2012年 3月12日
国立情報学研究所 meatwiki(GakuNin mAPグループ用Wiki) IdP管理者向け 利用者向け

eduPersonPrincipalName (必須)
displayName (選択)

▼全て表示
2011年 7月 8日
Metapress Metapress IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

不要
(IdPのentityIDをチェック)

2013年 9月18日

Metapressの利用プロトコル: SAML2
MetapressのSAML実装: Shibboleth
Metapressへの属性送信の設定例: 属性を必要とせず、IdPのentityIDをみて機関の確認をしています。attribute-filter.xmlの設定は不要です。

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先


MetapressのShibboleth認証による接続をご希望される機関は無料のアカウント登録が必要です。アカウントの作成を希望する機関は以下のメールアドレスに登録希望の旨をお伝えください。

メールアドレス: support@metapress.com

コンテンツへのアクセスは、当該のコンテンツ/ジャーナル/書籍との購読契約か、閲覧毎(pay-per-view)の購入が必要です。また、Metapressの出版社のなかには、オープンアクセスでコンテンツの無料閲覧を行っているものもあります。

登録に関する情報は以下のページからご覧頂けます。
https://www.metapress.com/register.aspx

利用者向けの情報は以下のページからご覧頂けます。
http://www.metapress.com/help/faq
Microsoft Corp. Microsoft Academic Verification Engine (Microsoft Imagineで利用) IdP管理者向け 利用者向け サービス紹介資料

eduPersonTargetedID (必須)
eduPersonPrincipalName (選択)

2013年 9月13日

DreamSparkの利用プロトコル: SAML2
DreamSparkのSAML実装: Shibboleth
DreamSparkへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for Microsoft Academic Verification Engine (DreamSpark) -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforDreamspark">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://shibboleth.msacademicverify.com/shibboleth-sp" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

接続方法

運用フェデレーションに参加後,すなわち,https://metadata.gakunin.nii.ac.jp/gakunin-metadata.xml に機関のメタデータが含まれてから24時間後には自動的にDreamSparkがご利用できるようになります. eduPersonTargetedID が適切に送信されれば,特別な申請等は一切必要ありません.

DreamSparkサイトの利用方法
  • DreamSparkサイトの利用方法はこちらをご覧ください。認証後の製品ダウンロードに関する具体的な操作については9ページ以降の手順をご覧ください。
  • 学内でよりスムーズに展開するための,告知キットはこちらをご覧ください。

Springer Nature Nature Research IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonScopedAffiliation (必須)

2012年10月23日

Nature Researchの利用プロトコル: SAML1, SAML2
Nature ResearchのSAML実装: OpenAthens SP
Nature Researchへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for Nature -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforNature">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://secure.nature.com/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>
※ 必須の属性情報以外に「transientId」を送出する必要があります。学認で提供している標準的な設定の場合はすべてのSPに送信されますが、transientIdの送出先を制限している場合には対象となるentityIDへtransientIdが送出されるようになっているかご確認ください。

※ 認証エラーとなる場合には以下の項目を確認してください(構築時にパスを変えている場合は、適宜読み替えをお願いいたします)。
  • "/opt/shibboleth-idp/conf/metadata-providers.xml" において、テストフェデレーションのメタデータを自動的にダウンロードする設定が含まれていないかをご確認ください。もしこちらが有効になっている場合、この設定を外してください。
  • IdPが運用フェデレーションとテストフェデレーションの双方に同一のentityIDで参加していないかご確認ください。もし、同一entityIDで登録されている状態であれば、テストフェデレーション側のIdPは廃止し、実運用のIdPと異なるentityIDで登録してください。
※ 下記ページに記載の「IdPメタデータに記載する証明書についての注意」が、Nature Researchについても当てはまるという情報があります。こちらに関して、何か情報をお持ちの方は是非学認事務局までお知らせください。


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

Nature Researchの購読については、以下の連絡先にお問い合わせください。

また、学認による接続をご希望される場合についてもお問い合わせ可能ですが、Nature本社への取り次ぎのみとなりますのでご了承ください。

窓口:ネイチャー・パブリッシング・グループ 
E-mail
mailto:institutions@natureasia.com
国立情報学研究所 NII FileSender IdP管理者向け 利用者向け その他

eduPersonPrincipalName (必須)
mail (必須)

▼全て表示
2016年 8月18日

利用プロトコル: SAML2
SAML実装: Shibboleth
属性送信の設定例:
    <!-- Policy for NII FileSender -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforNIIFileSender">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://filesender.nii.ac.jp/shibboleth-sp" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonPrincipalName">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
<AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
<AttributeRule attributeID="displayName">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
<AttributeRule attributeID="mail">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>
注意:ePPNまたはePTIDのどちらかのみを送信する場合は、該当しない方の属性送信のためのディレクティブを削除してください。

NII FileSenderについての詳細は以下をご参照ください。
https://meatwiki.nii.ac.jp/confluence/x/2EhHAQ

グループの管理については以下を参照してください。
https://meatwiki.nii.ac.jp/confluence/x/-oE_AQ

クラウドゲートウェイの利用については以下を参照してください。
https://meatwiki.nii.ac.jp/confluence/x/qwBm
国立情報学研究所 NII電子リソースリポジトリ(NII-REO) IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

jaOrganizationName (必須)

2011年 5月11日

NII電子リソースリポジトリ(NII-REO)の利用プロトコル: SAML2
NII電子リソースリポジトリ(NII-REO)のSAML実装: Shibboleth
NII電子リソースリポジトリ(NII-REO)への属性送信の設定例:
    <!-- Policy for NII-REO -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforNIIREO" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="http://reo.nii.ac.jp/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="jaOrganizationName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>
※ attributeIDに設定すべき値は異なる可能性がありますので、attribute-resolver.xmlで定義されているidを確認し、大文字小文字の差異も含めて反映させてください。
日経BP社 Nikkei PC Edu

organizationName (必須)
eduPersonTargetedID (必須)

▼全て表示
2018年 8月17日
大学共同利用機関法人自然科学研究機構 NINS Open Use System IdP管理者向け

eduPersonTargetedID (必須)

2017年 8月16日

・NINS Open Use Systemの利用プロトコル: SAML2
・NINS Open Use SystemのSAML実装: Shibboleth
・NINS Open Use Systemの属性送信の設定例:
    <!--  Policy for NINS Open Use System -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforNOUS" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://nous.nins.jp/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>

新日鉄住金ソリューションズ株式会社 NSSOL-NSSakura 図書館員向け

jaOrganizationName (必須)
jaOrganizationalUnitName (必須)

▼全て表示
2015年 8月25日

接続をご希望される機関は以下の窓口にお問い合わせください。
新日鉄住金ソリューションズ株式会社
文教・科学ソリューション営業部
e-mail: pss-sales3@jp.nssol.nssmc.com
Kivuto Solutions Inc On the Hub IdP管理者向け

eduPersonTargetedID
eduPersonPrincipalName

▼全て表示
2014年 7月31日

On the Hubの利用プロトコル: SAML2
On the HubのSAML実装: Shibboleth
On the Hubへの属性送信の設定例:
    <!--  Policy for On the Hub -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforOnTheHub">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://e5.onthehub.com" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>

<AttributeRule attributeID="eduPersonAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

On the Hubとの間に契約は必要としませんが、On the Hubのサービスの利用にはMicrosoft EES, OVS-ESまたはAdobe ETLAとの合意書があることが条件となります。

教育機関向けDreamSparkをELMS(ライセンス自動管理システム)にてご利用になる場合には「ELMS DreamSpark お申し込みフォーム」からお申し込みが必要です。

ELMSの詳しい情報・お問い合わせは下記のリンクをご参照ください。
ELMS for Microsoft DreamSpark (英語)
カスタマー向けお問い合わせフォーム

On the Hubではソフトウェア配布契約書等の性質によって送出すべき属性が異なります。「[Shibbolethユーザー認証のお客様実装ガイド|ftp://ftp.kivuto.com/support/outgoing/ELMS_Shibboleth_User_Verification_Customer_Implementation_Guide_JP.pdf]」にシナリオ別に送出すべき属性がありますのでご参照ください。
国立情報学研究所 On-demand Cloud Construction Service in Tokyo01

eduPersonPrincipalName (必須)

2017年 7月11日
特定非営利活動法人サイバー・キャンパス・コンソーシアムTIES OUJ-MOOC IdP管理者向け

eduPersonPrincipalName (必須)
mail (必須)

▼全て表示
2015年 1月19日

IdP管理者向け

http://proxy.chilos.jp/idpja
Oxford University Press OUP Journal SAMS Shibboleth 2 SP IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

eduPersonScopedAffiliation (必須)

2017年 5月 9日

OUP Journal SAMS Shibboleth 2 SPの利用プロトコル: SAML2
OUP Journal SAMS Shibboleth 2 SPのSAML実装: Shibboleth
OUP Journal SAMS Shibboleth 2 SPへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for OUP Journal SAMS Shibboleth 2 SP -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforOUPJournalSAMSShibboleth2SP">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://shibboleth2sp.sams2.oup.com/shibboleth" />
<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

以下のURLからダウンロードできるPDFファイルの「Shibboleth GakuNin 設定方法」をご覧ください。

Shibboleth GakuNin
https://academic.oup.com/journals/pages/librarians_jp/shibboleth_gakunin

接続のお申し込みに関するお問い合わせは以下の連絡先までお願いいたします。

メールアドレス: online.jp@oup.com
電話番号: 03-5444-5858

利用者向け

下記URLからダウンロードできるPDFファイルの「アクセス方法」をご覧ください。

Shibboleth GakuNin
https://academic.oup.com/journals/pages/librarians_jp/shibboleth_gakunin
株式会社メディアドゥ OverDrive Japan Digital Library Service

eduPersonTargetedID (必須)
eduPersonAffiliation (必須)

2014年10月14日
Ovid OvidSP IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

eduPersonEntitlement
eduPersonScopedAffiliation
(どちらか必須)

2009年 7月29日

OvidSPの利用プロトコル: SAML2
OvidSPのSAML実装: OpenAthens Keystone
OvidSPへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for Ovid -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforOvid">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://shibboleth.ovid.com/entity" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>
Ovidがサポートしているのは、eduPersonEntitlement または、 eduPersonScopedAffiliation です。eduPersonScopedAffiliationの属性値は "member", "Affiliate", "Alum", "Employee", "faculty", "Library-walk-in", "staff", "student"をサポートしています。(学認が使用するのは、"member", "faculty", "staff", "student"のみです)

○メールか電話で以下の窓口までご連絡をお願いします。接続申請の際は、IdPのentityIDをお知らせください。
窓口:Ovid Technologies Japan Office
E-mailアドレス:mailto:japan@ovid.com
電話番号:03-5842-3775

ログイン方法

ログインは https://openathens.ovid.com/secure-ssl/discovery.jsp から行ってください。

※ 2013年7月よりログインURLが https://openathens.ovid.com/secure-ssl/discovery.jsp へと変更となりました。古いログインURL http://ovidsp.ovid.com/ からのアクセスではIdPの設定により認証エラーが発生する場合がありますので、 https://openathens.ovid.com/secure-ssl/discovery.jsp からログインしてください。
サンメディア PierOnline IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonTargetedID
eduPersonPrincipalName
(どちらか必須)

2010年 9月 9日

PierOnlineの利用プロトコル: SAML2
PierOnlineのSAML実装: ?
PierOnlineへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for Pieronline -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforPieronline">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://www.pieronline.jp/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先


PierOnlineへ学認を通じて接続をご希望される機関は、下記までご連絡ください。
株式会社サンメディアe-Port
・Mail: e-port@sunmedia.co.jp
・Phone: 03-3299-1575
※ご連絡の際にはIdPのentityIDを併せてお知らせください。

NPO 法人 UniBio Press
担当: 永井裕子
・Mail: nagai@unibiopress.org
・Phone: 03-3814-8836
※ご連絡の際にはIdPのentityIDを併せてお知らせください。
The Johns Hopkins University Press Project MUSE IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonScopedAffiliation (必須)

2012年11月16日

Project MUSEの利用プロトコル: SAML2
Project MUSEのSAML実装: Shibboleth
Project MUSEへの属性送信の設定例:
    <!--  Policy for Project MUSE -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforProjectMUSE">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://muse.jhu.edu/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

Project MUSEのシボレス認証による接続をご希望される機関は、
1.Identity Provider ID (entityID)
2.本サービスの登録機関名
3.本サービスの管理者E-mailアドレス
上記3項目について、下記までご連絡ください。

 
株式会社 紀伊國屋書店
海外仕入本部 海外学術情報部
e-mail: journal@kinokuniya.co.jp

ProQuest LLC ProQuest IdP管理者向け

eduPersonScopedAffiliation
eduPersonEntitlement
(どちらか必須)

2014年10月16日

ProQuestの利用プロトコル: SAML2
ProQuestのSAML実装: Shibboleth
ProQuestへの属性送信の設定例:
    <!--  Policy for ProQuest -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforProQuest">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://shibboleth-sp.prod.proquest.com/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

※ 2014年10月16日からProQuestのentityIDが以下のように変更になりました。これに伴い<AttributeFilterPolicy>のvalueの値も旧entityIDから新entityIDに変更になっています。旧entityIDの設定をしている場合には修正が必要になりますのでご注意ください。
旧entityID https://pqshibboleth.proquest.com:9443/Shibboleth
新entityID https://shibboleth-sp.prod.proquest.com/shibboleth
国立情報学研究所 RDC Data Analysis Platform (trial service)

eduPersonPrincipalName (必須)
mail (必須)

2020年 8月25日
リアリーイングリッシュ株式会社 Reallyenglish

mail (必須)
eduPersonPrincipalName (選択)

▼全て表示
2020年11月24日
ProQuest RefWorks IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonTargetedID
eduPersonPrincipalName
(上記どちらか必須)
eduPersonScopedAffiliation (選択)

2009年10月 8日

RefWorksの利用プロトコル: SAML1 → SAML2?(2012-11-09)
RefWorksのSAML実装: Shibboleth
RefWorksへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for RefWorks -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforRefWorks">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://www.refworks.com/shibboleth/sp" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

件名にShibboleth Authentication Set up Requestと記入し、本文に
  • Organization name
  • Contact person name
  • Contact information
を表記の上、サポート宛て(cc:プロクエスト日本支社)にお送りください。サポートは英語になります。
送付先メールアドレス Technical Support
support@refworks-cos.com (cc: support@japan.proquest.com)
その他緊急を要する場合は、下記担当者宛てに機関名、ご担当者名、連絡先をお送りください。
プロクエスト日本支社 小林
sales@japan.proquest.com TEL: 045-342-4780

作業の主な流れ

1. Shibboleth 認証設定のリクエストメールを「support@refworks-cos.com」宛てに送信。RefWorks担当者と作業工程、作業期間を確認
2. RefWorksとShibbolethの操作性を確認。どのShibbolethの属性を利用するか確認
3. 両者でテスト運用完了後、プロダクションサーバーに移行
国立研究開発法人科学技術振興機構 researchmap IdP管理者向け 利用者向け

eduPersonPrincipalName (必須)

2012年 5月24日

researchmap の利用プロトコル: SAML2
researchmap のSAML実装: Shibboleth
researchmap への属性送信の設定例:

まず、以下のコードをattribute-filter.xmlに追加してください。
    <!-- Polify for ReaD and Reserchmap -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforReaDandResearchmap" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://researchmap.jp/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonPrincipalName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>
上記設定が完了しましたら、このサービスについては接続できる機関のみDSに表示させておりますので以下の操作を行ってください。
学認申請システムにログインし「承認済みIdP一覧」から「詳細」をクリック、最下部の「利用可能なSPを選択する」リンク先ページから researchmap (https://researchmap.jp/shibboleth-sp)にチェックを入れてください。
(チェックを入れページ最下部の「登録」ボタンを押せば即時反映されます。申請手続きにはなりません。)
これが済みましたら、接続設定が完了した旨をJSTサービス支援センターまでご連絡ください。

JSTサービス支援センターはこちら

researchmapお問い合わせ先

学認経由での利用等については,下記までお問い合わせください。

■JSTサービス支援センター
https://researchmap.jp/public/inquiry/
Royal Society of Chemistry RSC Publishing IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonScopedAffiliation (必須)

2011年11月 4日

RSC Publishingの利用プロトコル: SAML2
RSC PublishingのSAML実装: Shibboleth
RSC Publishingへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for RSC Publishing -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforRSCPublishing">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://shib.rsc.org/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

eduPersonScopedAffiliationの値としては、"member"を送信すれば問題ありません。

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

RSCへの学認による接続をご希望される機関は,以下の連絡先にお問い合わせください。

窓口:RSC Publishing
メイルアドレス:ejournals@rsc.org

上記に連絡後、RSC (UK) 担当者より 必要事項の問い合わせなど連絡が入り、UKの担当者が接続完了まで直接フォローいたします。
Karger S.Karger AG IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

eduPersonScopedAffiliation (必須)

2011年10月 3日

S.Karger AGの利用プロトコル: SAML2
S.Karger AGのSAML実装: OpenAthens Cloud Service Provider
S.Karger AGへの属性送信の設定例:
    <!--  Policy for Karger Publishers  -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforKargerPublishers">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://www.karger.com/oa/entity" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>

</AttributeFilterPolicy>

※ 2018年3月27日からKargerのentityIDが以下のように変更になりました。また、eduPersonScopedAffiliation 属性を要求するようになったためIdP側での設定変更が必要ですので、ご注意ください。
新entityID: https://www.karger.com/oa/entity
旧entityID: https://www.karger.com/shibboleth

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

※ 説明中におけるShibboleth IDとはIdPのentityIDと同じものです。
手順書PDFダウンロード
Elsevier ScienceDirect IdP管理者向け 図書館向け 個人設定情報他

eduPersonEntitlement (必須)
eduPersonTargetedID (選択、Mendeley/SciValでは必須)

2009年 2月23日

ScienceDirect, Scopusの利用プロトコル: SAML2
ScienceDirect, ScopusのSAML実装: Shibboleth
ScienceDirect, Scopusへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for ScienceDirect and Scopus -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforScienceDirectScopus">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://sdauth.sciencedirect.com/" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonEntitlement">
<PermitValueRule xsi:type="Value" value="urn:mace:dir:entitlement:common-lib-terms" />
</AttributeRule>
<AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

eduPersonEntitlementの属性値が urn:mace:dir:entitlement:common-lib-terms であることを要求します
詳細および属性定義の例はこちら

ScienceDirect およびScopus にShibboleth による接続をご希望される機関は、機関名とIdentity Provider ID (entityID)を下記までご連絡ください。


エルゼビア・ジャパン株式会社
ヘルプデスク
E-mail: jpinfo@elsevier.com Tel: 03-5561-5035


「ScienceDirect/ScopusのShibboleth認証に関する参考資料」はこちら: Shibboleth認証(学認)をご覧ください。
https://www.elsevier.com/ja-jp/solutions/sciencedirect/sciencedirect-for-admin
EBSCO Stacks Senshu University

2020年 8月19日
SheerID, Inc. SheerID Verification Services IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

eduPersonScopedAffiliation (必須)

2017年 3月13日

SheerID Verification Servicesの利用プロトコル: SAML2
SheerID Verification ServicesのSAML実装: Shibboleth
SheerID Verification Servicesへの属性送信の設定例:
    <!--  Policy for SheerID Verification Services -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforSheerIDVerificationServices">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://services.sheerid.com/Shibboleth/UK" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

SheerIDの認証プラットフォームの利用には、サービス合意書を必要とします。利用を希望する機関は、Harry Lalor (harry@sheerid.com)までご連絡ください。
接続に関する技術的な情報は、以下のサイトに掲載されています。


利用者向け

ユーザーとの連絡は、SheerIDと契約している機関を介して行います。
FAQはこちら:https://www.sheerid.com/faqs/
Springer Nature SpringerLink IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

不要
(IdPのentityIDをチェック)

2012年10月23日

Springerの利用プロトコル: SAML2
SpringerのSAML実装: OpenAM
Springerへの属性送信の設定例:
SpringerのentityIDは https://fsso.springer.com ですが、このSPは属性を必要とせず、IdPのentityIDを見て機関の確認をしていますので、attribute-filter.xmlの設定は不要です。

本SPに関する注意事項はこちら
The Beans Group Student Beans ID IdP管理者向け 利用者向け

eduPersonTargetedID (必須)

2015年 4月23日

Student Beans IDの利用プロトコル: SAML2
Student Beans IDのSAML実装: Shibboleth
Student Beans IDへの属性送信の設定例:
    <!--  Policy for Student Beans ID -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforStudentBeansID">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://verify.studentbeans.com/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>
Student Beansのサービスを利用する機関は、個別に利用条件を交渉し、合意した条件でサービスを利用することになります。
Student Beansとパートナーになることを希望する機関は、以下のメールアドレスに問い合わせてください。
mailto:hello@studentbeans.network

Student BeansのWebサイトまたはStudent Beans iDサービスを利用する学生には、以下の利用ポリシーが適用されます。
https://www.studentbeans.com/info/terms

Student Beansは学生を対象としたサービスであり、学生の皆さんに様々なサービスや商品をディスカウント価格で提供することで、大学生活を存分に楽しむお手伝いをします。
Student Beansの商品・サービスは、ノートパソコン、書籍、文具、洋服、食料品およびエンターテイメントなど広範にわたります。

これらの商品・サービスは機関ごとに合意した条件のもと、Student BeansのWebサイト、所属する機関のStudent Beans iD、またはStudent Beansの提携会社のWebサイト等より提供されます。
Taylor and Francis Taylor and Francis Online IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

eduPersonTargetedID
eduPersonPrincipalName

▼全て表示
2018年 5月28日

Taylor and Francis Onlineの利用プロトコル: SAML2
Taylor and Francis OnlineのSAML実装: 非Shibboleth
Taylor and Francis Onlineへの属性送信の設定例:
<!-- Policy for Taylor and Francis Online -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforTaylorAndFrancisOnline">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://www.tandfonline.com/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

初回設定時のみEntity IDを下記メールアドレスまでお送りください。
mailto:tandfjapan@informa.com

IdP管理者様向けの設定案内、アクセス設定完了後の接続確認の方法は、下記リンクよりご確認いただけます。
学認による接続設定の方法: https://librarianresources.taylorandfrancis.com/wp-content/uploads/2020/04/Gakunin_2020.pdf

Taylor & Francis Onlineのコンテンツにアクセスするには、利用契約が必要となります。
詳細やお見積りについては、下記にお問い合わせください。
mailto:tandfjapan@informa.com
文部科学省 The Cross-Ministerial Research and Development Management System (e-Rad)

eduPersonPrincipalName (必須)

2020年 4月17日
Thieme Publishing Group (Georg Thieme Verlag KG) Thieme E-Products IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

eduPersonScopedAffiliation (必須)

2014年 1月27日

Thieme E-Productsの利用プロトコル: SAML2
Thieme E-ProductsのSAML実装: Shibboleth
Thieme E-Productsへの属性送信の設定例:
    <!--  Policy for Thieme E-Products  -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforThiemeE-Products">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://prd.thieme.de/shibboleth-sp" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

※ eduPersonScopedAffiliation は faculty, staff, student, member のいずれの属性値でも利用可能です。

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先


Thieme E-Productsへの学認による接続をご希望される機関は,以下の連絡先にお問い合わせください。

メールアドレス:mailto:esales_jp@thieme.de

お問い合わせ先


Thieme E-Productsへのご質問は下記の連絡先にお問い合わせください。

メールアドレス:mailto:esales_jp@thieme.de
徳島大学 Tokushima Univuersity Moodle CHI

eduPersonPrincipalName (必須)
surname (必須)

▼全て表示
2019年 3月22日
東京外国語大学 TUFS Online Education

eduPersonPrincipalName (必須)
jaDisplayName (必須)

▼全て表示
2020年 4月17日
MyUNiDAYS Ltd. UNiDAYS IdP管理者向け 利用者向け

eduPersonTargetedID
eduPersonPrincipalName

▼全て表示
2017年11月16日

UNiDAYSの利用プロトコル: SAML2
UNiDAYSのSAML実装: Shibboleth
UNiDAYSへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for UNiDAYS -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforUNiDAYS">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://verify-o.myunidays.com/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

(学認事務局記)
UNiDAYSによれば、学認に参加している機関に対しては、学認を用いて上記属性にて学生の身分を確認するとのことです。
学生の証明にIdPを用いたくない機関はUNiDAYSにお問い合わせください。
問い合わせ先: mailto:shibadmin@myunidays.com

(学認事務局記)UNiDAYSによれば、本サービスはApple Musicなどに学生であることを証明するサービスです。学生であることを確認するために、利用者が所属機関のメールアドレスを入力した際に所属機関のIdPで認証を求めるとのことです。
Clarivate Analytics Web of Science IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonScopedAffiliation (必須)

2009年 7月29日

Web of Knowledge, EndNote Webの利用プロトコル: SAML2
Web of Knowledge, EndNote WebのSAML実装: 非Shibboleth
Web of Knowledge, EndNote Webへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for Web of Knowledge -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforWebofKnowledge">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://sp.tshhosting.com/shibboleth" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonScopedAffiliation">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

※ 同じThomson ReutersのInCitesと同一のentityIDを用いており、すでにInCitesをご利用の場合は上記設定を行わなくても接続できる可能性があります。InCitesの場合とは送信する属性が異なります。

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

Web of Science/ISI Web of Knowledge, EndNote Web をご利用のお客様で Shibboleth 認証による接続をご希望の場合は下記の手順でお申し込みください.

1. 申請フォーム (https://support.clarivate.com/ScientificandAcademicResearch/s/shibbolethform?language=en_US )に必要事項を記入して submit してください.申請フォームの IdP Name と IdP URL には,それぞれ以下の記述が必要です.
  • IdP Name :メタデータの Organization Name
  • IdP URL:メタデータの Organization URL
その他の記入方法の詳しい説明は 「記事Web of Science: シボレス設定依頼フォームの記入例」 をご参照ください。

2. 上記フォームによる申請後に、クラリベイト・アナリティクス 日本オフィスにご連絡ください。
ご連絡先      : クラリベイト・アナリティクス 日本オフィス
メールアドレス : japan.gainquiry@clarivate.com

北海道大学 WeBWorK

eduPersonPrincipalName (必須)

2020年11月13日
John Wiley & Sons Wiley Digital Archives 図書館向け

2020年 9月18日

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先


Wiley Digital Archivesへの学認による接続をご希望される機関は、以下の接続申込書へ必要事項をご記入(※)の上 mailto:jiwasaki@wiley.com 宛にお送りください。

※ 接続申込書はWord版へ必要事項をご記入いただいたものか、印刷した紙へ手書きしていただき、それをスキャンしてPDFにしたものをお送りください。

その他、不明な点は以下の窓口にお問い合わせください。

窓口: ワイリー・パブリッシング・ジャパン 担当: 岩崎
メールアドレス: mailto:jiwasaki@wiley.com
John Wiley & Sons WILEY ONLINE LIBRARY IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

eduPersonScopedAffiliation (必須)

2013年 9月17日

※ WILEY ONLINE LIBRARYはAtyponのプラットフォームに移行しました。ご利用の際は、Atypon SPの設定例を参照してください。

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先


WILEY ONLINE LIBRARYへの学認による接続をご希望される機関は、以下の接続申込書へ必要事項をご記入(※)の上 interscience@wiley.co.jp 宛にお送りください。

※ 接続申込書はWord版へ必要事項をご記入いただいたものか、印刷した紙へ手書きしていただき、それをスキャンしてPDFにしたものをお送りください。


その他、不明な点は以下の窓口にお問い合わせください。

窓口:ワイリージャパン
メールアドレス:interscience@wiley.co.jp
World Scientific Publishing Co. Pte Ltd World Scientific Publishing IdP管理者向け 図書館向け

不要
(IdPのentityIDをチェック)

2015年 6月24日

World Scientific Publishingの利用プロトコル: SAML1
World Scientific PublishingのSAML実装: 非Shibboleth
World Scientific Publishingへの属性送信の設定例: 属性を必要とせず、IdPのentityIDをみて機関の確認をしています。attribute-filter.xmlの設定は不要です。

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

Shibbolethによる接続をご希望の機関は sales@wspc.com.sg に以下の情報をご連絡ください。
  • 機関名
  • 住所
  • IdPのentityID
メールの受信後、24時間以内にご返信いたします。
World Scientific Publishing (WSPC)のジャーナルやeブックに関する問い合わせは、Ms Adeline Cheo acheo@wspc.com.sg までご連絡ください。
株式会社 アットウェア しぼすけ IdP管理者向け 利用者向け

eduPersonPrincipalName
eduPersonTargetedID

▼全て表示
2011年 9月30日
アカデミックパス株式会社 アカデミックパス

organizationName (必須)
jaOrganizationName (必須)

▼全て表示
2016年12月28日
株式会社ディスコ キャリタスUC

eduPersonPrincipalName (必須)

2017年 2月14日
株式会社ネットアドバンス ジャパンナレッジLib 管理者向け

jaOrganizationName (必須)
organizationName (選択)

▼全て表示
2014年 1月23日

h1 ジャパンナレッジLibの利用プロトコル: SAML2
h1 ジャパンナレッジLibのSAML実装: Shibboleth
h1 ジャパンナレッジLibへの属性送信の設定例:

    <!--  Policy for JapanknowledgeLib -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforJapanknowledgeLib"
xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule
xsi:type="basic:AttributeRequesterString"
value="https://auth.japanknowledge.com/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="organizationName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>

<afp:AttributeRule attributeID="organizationalUnitName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>

<afp:AttributeRule attributeID="jaOrganizationName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>

<afp:AttributeRule attributeID="jaOrganizationalUnitName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>

エルゼビア・ジャパン株式会社 ナーシング・スキル日本版 IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonPrincipalName (必須)

2013年 5月15日

属性送信例
利用プロトコル:Shibboleth2.x
    <!-- Policy for Elsevier Nursingskills -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforNursingskills" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://www.nursingskills.jp/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonPrincipalName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>


ナーシング・スキル日本版の登録ユーザーデータとIdPのユーザーを関連付けるためePPNを利用します。
Shibboleth認証での接続をご希望の場合にはご登録いただいております施設のデータのアップデートが必要となりますので、
テクニカルサポートまでご連絡をお願いいたします。

エルゼビア・ジャパン株式会社
ナーシング・スキル ヘルプデスク
E-mail: support@nursingskills.jp
Tel: 0120-965-546
ウェルネット株式会社 バス予約システムの学生認証サービス IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonAffiliation (必須)
organizationName (必須)
eduPersonTargetedID (必須)

2017年 2月21日

バスの学認割の利用プロトコル: SAML2
バスの学認割のSAML実装: Shibboleth
バスの学認割への属性送信の設定例:

<!-- Policy for WellNet -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforWellNet" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://wellnet-sp.com/shibboleth-sp" />
<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonAffiliation">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
<afp:AttributeRule attributeID="organizationName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>

ウェルネットのバスの学認割サービスへの接続をご希望される機関は、以下の連絡先にお問い合わせください。

窓口:ウェルネット株式会社 IT営業部(担当:阿部)
E-mail:bus-support@well-net.jp
TEL : 03-3580-0198 FAX : 03-3580-0168
株式会社ニューロテクノロジー フィジックス体力測定システム

organizationName (必須)
organizationalUnitName (必須)

▼全て表示
2018年 3月28日
エルゼビア・ジャパン株式会社 プロシージャーズ・コンサルト モバイル IdP管理者向け

eduPersonPrincipalName (選択)

2013年 6月27日

プロシージャーズ・コンサルトモバイルはプロシージャーズ・コンサルト日本版のモバイル版のサービスとなります。
ご利用にはプロシージャーズ・コンサルト日本版のご契約が必要となります。

SPに登録された個人データとの接続が必要ない場合
- entityID

SPに登録された個人データとの接続が必要な場合の情報
- entityID
- ePPN

属性送信例
利用プロトコル:Shibboleth2.x
    <!-- Policy for Elsevier Proceduresconsult -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforProceduresconsult" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:OR">
<basic:Rule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://www.proceduresconsult.jp/shibboleth-sp" />
<basic:Rule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://m.proceduresconsult.jp/shibboleth-sp" />
</afp:PolicyRequirementRule>

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonPrincipalName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>


接続に際しては設定変更が必要なため下記にご連絡をお願い致します。

エルゼビア・ジャパン株式会社
プロシージャーズ・コンサルト日本版 テクニカルサポート
E-mail: support@proceduresconsult.jp
Tel: 0120-965-546
エルゼビア・ジャパン株式会社 プロシージャーズ・コンサルト日本版 IdP管理者向け

eduPersonPrincipalName (選択)

2013年 6月27日

ご利用にはプロシージャーズ・コンサルト日本版のご契約が必要となります。また、プロシージャーズ・コンサルトモバイルは自動的にご利用いただくことが可能になります。

SPに登録された個人データとの接続が必要ない場合
- entityID

SPに登録された個人データとの接続が必要な場合の情報
- entityID
- ePPN

属性送信例
利用プロトコル:Shibboleth2.x
    <!-- Policy for Elsevier Proceduresconsult -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforProceduresconsult" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:OR">
<basic:Rule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://www.proceduresconsult.jp/shibboleth-sp" />
<basic:Rule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://m.proceduresconsult.jp/shibboleth-sp" />
</afp:PolicyRequirementRule>

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonPrincipalName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>


接続に際しては設定変更が必要なため下記にご連絡をお願い致します。

エルゼビア・ジャパン株式会社
プロシージャーズ・コンサルト日本版 テクニカルサポート
E-mail: support@proceduresconsult.jp
Tel: 0120-965-546
株式会社メテオ メディカルオンライン IdP管理者向け 図書館向け

2016年12月28日

メディカルオンラインの利用プロトコル:SAML2
メディカルオンラインのSAML実装:Shibboleth
メディカルオンラインへの属性送信の設定例:属性を必要とせず、IdPのentityIDをみて機関の確認をしています。
attribute-filter.xmlの設定は不要です。

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

メディカルオンラインへの学認による接続をご希望される機関は,下記までお問い合わせください。

株式会社メテオ
info@medicalonline.jp
※ご連絡の際にはIdPのentityIDを併せてお知らせください。
UQコミュニケーションズ株式会社 モバイルWiMAXキャンパスネットワーク接続サービス IdP管理者向け サービス内容

organizationName (必須)
eduPersonTargetedID (必須)

2012年 1月18日

IdP設定情報及びお申し込み・お問い合わせ先

ご利用を希望される加入機関の方に、ネットワーク接続の協議等を含め
個別にご案内いたしますので、以下までお問い合わせください。

UQコミュニケーションズ株式会社
モバイルWiMAXキャンパスネットワーク接続サービス担当
campusconnect@uqc.jp

提供条件・提供時期につきましてはネットワーク接続や、ご利用形態の
調整等が必要となります。個別協議となりますので、あらかじめご了承のほど
よろしくお願いいたします。
京都大学 京都大学デジタルアーカイブシステム Peek(研究者モード) IdP管理者向け

eduPersonTargetedID (必須)

2018年 8月28日

・利用プロトコル: SAML2
・SAML実装: Shibboleth
・属性送信の設定例:
(Shibboleth IdP v3.2系以前はこちら)
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforPeek">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://peek.rra.museum.kyoto-u.ac.jp/shibboleth-sp" />
<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>
(Shibboleth IdP v3.3系以降はこちら)
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforPeek">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://peek.rra.museum.kyoto-u.ac.jp/shibboleth-sp" />
<AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

NPO医学中央雑誌刊行会 医中誌Web IdP管理者向け 図書館向け

organizationName (必須)

2014年 2月24日

医中誌Webの利用プロトコル: SAML2
医中誌WebのSAML実装: Shibboleth
医中誌Webへの属性送信の設定例:
<!-- Policy for Ichushi-Web -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforIchushi-Web" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://upki-sp.jamas.or.jp/shibboleth-sp" />
<afp:AttributeRule attributeID="organizationName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>

接続のお申し込み方法・お問い合わせ先


医中誌Webへの学認による接続をご希望される機関は,下記までお問い合わせください。

NPO医学中央雑誌刊行会 データベース事業部
info@jamas.or.jp

※ご利用につきましては、アクセスフリープランにてご契約いただくか、リモートアクセスのオプション契約(同時アクセス数プランの場合)が必要になります。
※お問い合わせの際にIdPのentityIDおよびorganizationNameを併せてお知らせください。
医書ジェーピー株式会社 医書.jp IdP管理者向け

organizationName (必須)
organizationalUnitName (選択)

2017年 3月 3日

医書.jpの利用プロトコル: SAML2
医書.jpのSAML実装: Shibboleth
医書.jpへの属性送信の設定例:
<!-- Policy for ISHO-JP -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforISHO-JP" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://webview.isho.jp/shibboleth-sp" />
<afp:AttributeRule attributeID="organizationName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>
株式会社ジェイネット 大学共同参加 求人検索NAVI

organizationName (必須)
jaOrganizationName (必須)
eduPersonPrincipalName (必須)

2016年 1月29日
株式会社ベネッセコーポレーション 大学生向けeラーニングサービス IdP管理者向け

organizationName (必須)
eduPersonTargetedID (必須)
mail (必須)

2020年 4月17日

大学生向けeラーニングサービスへの属性送信の設定例:

<!-- Policy for Benesse e-Learning Service -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyForBenesseELearningService">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://benesse-gakunin.coursebase.co" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>

<AttributeRule attributeID="organizationName">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>

<AttributeRule attributeID="mail">
<PermitValueRule xsi:type="ANY" />
</AttributeRule>
</AttributeFilterPolicy>

国立情報学研究所 学認LMS(試験提供中) IdP管理者向け

organizationName (必須)
eduPersonPrincipalName (必須)

▼全て表示
2018年 8月17日
国立情報学研究所 学認クラウドゲートウェイサービス IdP管理者向け 利用者向け

eduPersonPrincipalName (必須)
organizationName (選択)

▼全て表示
2011年 7月 8日
国立情報学研究所 情報学広場から学認へのプロキシーサービス IdP管理者向け 図書館向け 利用者向け

eduPersonTargetedID (必須)
organizationName (選択)

2010年10月14日

  • 情報学広場から学認へのログインプロキシーサービスの利用プロトコル: SAML2
  • 情報学広場から学認へのログインプロキシーサービスのSAML実装: Shibboleth
  • 情報学広場から学認へのログインプロキシーサービスへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for The Informatics Square to GakuNin Proxy Service -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforTheInformaticsSquaretoGakuNinProxyService" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://idp.ixsq.nii.ac.jp/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>

以下のマニュアルもご参照ください。


北海道教育大学 教育実習前CBT その他

eduPersonPrincipalName (必須)

2019年12月23日

 教育実習前CBT(Computer Based Testing)は、教育実習前に教員として
身に付けておくべき基礎的な知識に加え、学校現場で役立つ内容や指導
方法を事前にテキストにより学び、コンピュータによる試験で理解度を
確かめるものです。
 教育実習前CBTを活用することにより、教育実習生は、学校現場での
様々な指導場面のイメージを具体的にもつことができるとともに、
教職への意欲を向上させることができ、自信をもって教育実習を行う
ことができます。
 教育実習前CBTについてのお問合せは、下記担当宛に御連絡下さい。
       
        担当:北海道教育大学事務局学務部教務課(北村・堤)
                   g-kikaku@j.hokkyodai.ac.jp
株式会社 ザ・ネット 文章(レポート・小論文等)自動採点・修正支援ツール 文採 IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonPrincipalName
eduPersonTargetedID

▼全て表示
2017年12月21日

SAIの利用プロトコル: SAML2
SAIのSAML実装: Shibboleth
SAIへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for SAI -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforSAI" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://sp.tnweb.biz/sai/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonPrincipalName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
<afp:AttributeRule attributeID="organizationName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
<afp:AttributeRule attributeID="jaOrganizationName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
<afp:AttributeRule attributeID="displayName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
<afp:AttributeRule attributeID="jaDisplayName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>
※"eduPersonPrincipalName"、"eduPersonTargetedID"は何れか必須になります。

契約の申し込み方法・お問い合わせ先


契約のご希望、サービス内容のお問い合わせ等、
下記のメール又は受付フォームよりお問い合わせください。
問い合わせ先:株式会社 ザ・ネット

「メール」でのお問い合わせ:
mailto:bun.info@za-net.co.jp

「お問い合わせ 受付フォーム」でのお問い合わせ:
https://sp.tnweb.biz/sso/contact_us.asp
日経BP社 日経BP記事検索サービスアカデミック版 IdP管理者向け その他

organizationName (必須)
jaOrganizationName (選択)

2015年11月16日

OrganizationNameをSPへ送ることが必須です。
OrganizationNameを送る設定になっていない場合は、以下の追加設定をattribute-filter.xmlにお願いします。

<!-- Policy for BizBoard -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforBizBoard">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://bizboard.nikkeibp.co.jp/shibboleth-sp" />
<afp:AttributeRule attributeID="organizationName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>

日経BP記事検索サービス(キジケン)のご利用については
サイトからお問い合わせください。

既にキジケンをご利用中のお客様で学認での接続を希望される方も
お問い合わせください。
佐賀大学 無線LANゲスト利用サービス(Opengate) 管理者向け 利用者向け

eduPersonPrincipalName (必須)

2010年11月26日

無線LANゲスト利用サービス(Opengate)の利用プロトコル: SAML2
無線LANゲスト利用サービス(Opengate)のSAML実装: Shibboleth
無線LANゲスト利用サービス(Opengate)への属性送信の設定例:
    <!-- Policy for Opengate -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforOpengate" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://guestog.sso.cc.saga-u.ac.jp/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonPrincipalName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>

株式会社研究社 研究社オンライン・ディクショナリー IdP管理者向け 図書館向け

eduPersonTargetedID (必須)

2011年 5月24日

KODの利用プロトコル: SAML2
KODのSAML実装: Shibboleth
KODへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for KOD -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforKOD" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://kod.kenkyusha.co.jp/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonTargetedID">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>


接続のお申し込み方法・お問い合わせ先

KODへ学認を通じて接続をご希望される機関は、下記までご連絡ください。

すでにKODをご契約されている場合

株式会社研究社 電子出版室
・Mail: kod_info@kenkyusha.co.jp
・Phone: 03-3288-7777
※ご連絡の際には IdP の entityID を併せてお知らせください。

新規にKODの利用をご希望される場合

(※下記のいずれかにお問い合わせください)

株式会社研究社 電子出版室
・Mail: kod_info@kenkyusha.co.jp
・Phone: 03-3288-7777

丸善株式会社 学術情報ソリューション事業部 商品センター
・Mail: epro-j@maruzen.co.jp
・Phone: 03-6367-6079
山形大学 科学技術の学術情報共有のための双方向コミュニケーションサービス(Communications service for sharing academic information) IdP管理者向け 利用者向け

eduPersonPrincipalName (利用者登録、書き込み時必須)
organizationName (選択)
その他の属性は、任意

2010年 6月21日

科学技術の学術情報共有のための双方向コミュニケーションサービスの利用プロトコル: SAML2
科学技術の学術情報共有のための双方向コミュニケーションサービスのSAML実装: Shibboleth
科学技術の学術情報共有のための双方向コミュニケーションサービスへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for Communications service for sharing academic information -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforC-YZ-YAMAGATA_U" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://c.yz.yamagata-u.ac.jp/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonPrincipalName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>

金沢大学 設備共同利用推進総合システム

eduPersonPrincipalName (必須)
jaOrganizationName (選択)

▼全て表示
2020年 3月 4日
国立情報学研究所 運用フェデ学認申請システム IdP管理者向け 利用者向け

eduPersonPrincipalName (必須)

2011年 4月 1日

学認申請システムの利用プロトコル: SAML2
学認申請システムのSAML実装: Shibboleth
学認申請システムへの属性送信の設定例:
    <!-- Policy for GakuNin Registration System -->
<afp:AttributeFilterPolicy id="PolicyforGakuNinRegistrationSystem" xmlns:afp="urn:mace:shibboleth:2.0:afp">
<afp:PolicyRequirementRule xsi:type="basic:AttributeRequesterString" value="https://office.gakunin.nii.ac.jp/shibboleth-sp" />

<afp:AttributeRule attributeID="eduPersonPrincipalName">
<afp:PermitValueRule xsi:type="basic:ANY" />
</afp:AttributeRule>
</afp:AttributeFilterPolicy>

香川大学 香川大学Moodle

mail (必須)
surname (必須)

▼全て表示
2018年 2月 5日

※:接続するためには機関毎のライセンス契約が必要です。